不動産コラム

弘前市での不動産投資

1坪5,000円!これは投資の上でソンかトクか?

弘前市で物件を建てたい、不動産投資をしたい、ということであれば、まず気になるのが売地の値段です。もちろん、もともと親や親戚がその土地に住んでいて、土地を譲ってくれるというのであれば話は早いです。しかし多くのケースで、「一戸建てを建てる=土地を買う」ということになると思います。

弘前市は、売地が安いことでもよく知られています。2013年のデータでは、1坪あたり87,900円と、9万円以下の数字です。200坪買った場合、1,800万円程度であれば非常に嬉しい価格と言えますね。
また、弘前市の売地は、関東圏と比べても、さらにこの2/3の価格で買えるのですから、いかに安いかということがお分かりになるのではないでしょうか。

一戸建てに必要なのは、やはり広い土地です。同じ弘前市の中では、1坪5,000円という格安中の格安の土地もあります。
しかしこの「安さ」は、弘前市で不動産投資をしようとするひとにとっては、しばしばネックになります。
何故なら、安い土地というのは買い手がつかないために価格を下げている場合があるからです。
地盤的に不安だったり、駅から遠かったりするために売れ残ってしまう場合です。
そのため、「安い土地を買って家を建てて人に貸そうと思っても借り手がつかず、投資したお金が無駄になってしまうこともあります。さらに税金などでマイナスになってしまうこともあるので、弘前市での不動産投資には注意が必要です。

弘前市での土地購入、その投資リスクとは

弘前市に土地を買って投資したい。そう考えるひとにとって、何がリスクとなるのでしょうか。ここでは「売地」と「一戸建て」をキーワードで考えていくことにしましょう。

弘前市には、売地がかなりあります。この売地の特徴ですが、非常に土地相場が安いということがあげられます。1994年のバブル時期をピークに年々下がり続け、今は1970年代よりも安い金額で購入することができます。具体的な数字をあげると、2013年の売地の1坪当たりの価格は、約9万円。100坪を買っても、1000万円に届きません。
このような土地であるため、広い土地を買いやすいという特徴があります。そのため、広い一戸建てを建てることも可能です。アパートやマンションは管理もしっかりしていますが、騒音問題などもあります。また、アパートやマンションの最大のメリットである「自由度の高さ」も、「永住」ということで購入するのであれば、あまり生かすことができません。そのため売地の安さというメリットを最大限に生かすことができる一戸建てがオススメです。(もちろん個人差はありますが)
ただし、「それでは一戸建てを誰かに貸して家賃を徴収しよう」ということになっても、これがなかなか難しいのです。
それはあなたが弘前市の家を買いやすいのと同じで、他のひとも「借りるより買ってしまおう」となることが多いからなんです。
また、土地代も年々降下していっているため、弘前市の住宅地に投資するのは、リスクがかなり高い行為だと言えます。