住宅火災に気をつけましょう

不動産に降りかかる災害としては、もっとも件数・規模が大きい『火災』

冬場に発生しやすいのが、暖房器具による火災です。暖房器具が原因の火災は、使用方法に注意すれば防げるものばかりです。もう一度基本にかえって、チェックしてみてください。

暖房器具を使用する際の注意点

●ストーブをカーテンや家具に近づけない。
●洗濯物をストーブの上に干さない
●部屋に誰もいないときは、ストーブを必ず消す
●石油ストーブは確実に火が消えてから給油
●ストーブのまわりにスプレー缶を置かない。
●シーズン前に点検整備を行う
●灯油であることを確かめてから給油する
●定期的に必ず換気を行う。

コンセントも火災の原因に

日常なかなか見落としがちなのがコンセント。正しく使用しないと発熱して火災の原因となることもあるのです。

以下のポイントを点検してみましょう。
●タコ足配線はしない。
●ときどきプラグを確認して清掃する。
●電気コードをカーペットや家具などの下敷きにしない。
●古くなった電気コードは取り替える。
●コードを引っぱって抜かない
●アイロンやドライヤーは使用後プラグを抜く。

防炎カーテンは燃える?

室内での火災は、カーテンに燃え移る例が増えています。ストーブを使う部屋では、防炎カーテンを選ぶことも大切です。
勘違いしがちですが、防炎カーテンは燃えないわけではありません。炎をあげにくいというだけです。
いったんカーテンに火がつくと、消火器でもないと、消すことは大変難しいものです。防炎カーテンはその際の炎をおさえ、消すための時間を稼いでくれるのです。

アロマテラピーは設置場所・放置に注意

アロマテラピーの香料入りロウソクやお香などを可燃物の上に直接置いたり、放置したまま眠ってしまったためにおきた火災が増えています。
アロマテラピー用とはいえ火は火。取り扱いには十分に注意しましょう。

被害は炎だけじゃない

住宅の密室化が進む中、一酸化炭素中毒は大きな問題です。
一酸化炭素は木材、紙、合成樹脂が燃えるときに出て、3~4分吸い込むと昏睡状態になり、死に至ります。ほんのボヤでも就寝中で気づかなかったケースもあるようです。火の元の注意とともに、室内の換気にも気配りを。