不動産コラム

一人暮らし in 弘前市

新築物件でも家賃は変わらない?!学生さんでも新築物件に住める!

新築物件というと高いもの、というイメージを持っているひとはとても多いのではないでしょうか。「家を建てる」ということはもちろんですし、「貸家として借りる」ということであっても、やっぱり新築物件は、築年数が経過しているものに比べて非常に割高なイメージですよね。
しかし、弘前市のアパートの場合、新築物件でもそうでなくても、家賃には大きな差は生まれません。

これは、「そもそも弘前市のアパート相場がお手頃価格」ということが大きく影響しています。3万円が相場の物件であれば、新築の場合2割増しでも36,000円という借りやすい価格になるからです。
そのため、学生さんでも新築物件に住むことが簡単です。

特に、娘さんが春から一人暮らしを弘前市でする、という場合には新築物件がおすすめです。
オートロックや、防犯カメラなどセキュリティ面から考えても、新築の方が整っている場合が多いからです。
弘前市は都会に比べて比較的安全で危険性も少ないところではありますが、一人暮らしを初めてするというのであれば、新築物件を選んだほうがより安全といえるでしょう。

弘前市で賃貸アパートを探す!一番安いのは?一番高いのは?

弘前市で賃貸アパートを探す場合、その家賃相場はどうなっているのでしょうか。今回は、「一番安いもの」「一番高いもの」にそれぞれ着目して探すことにしましょう。

まずは価格がお手頃な賃貸アパートから見ていきましょう。
弘前市の賃貸アパートの中だと、安いものは2万円大からあります。安さの理由はいくつかありますが、もっとも大きな要因となるのは、「築年数」です。とても価格が安い物件の場合、築25年近い物件になることもあります。また、室内設備はあまり整っていない場合があるため、自分で整えることになります。

家賃は高いものでは、10万円程度が相場です。意外なことに「立地条件」では、安い物件も高い物件もそれほど差がありません。これは「自家用車を持っていること」が大前提となる土地柄だからでしょう。
価格差の大きな要因は「室内設備の充実」です。家賃が10万円程度の場合、エアコンや温水洗浄つきのトイレ、乾燥機などがついており、さらにセキュリティ面でもしっかりしています。また、部屋も非常に広く、単身者向けではなく、ご家族が対象となります。

弘前市で一人暮らしを開始!必要なものは?

弘前市の一人暮らしを始める場合に下記の想定から必要な物を見ていきましょう。
・弘前市で、アパートやマンションを借りて一人暮らしをする
・親は遠方に家を建てて住んでいる
・弘前市で過ごすのは大学の4年間

実家がある場合、入居時に必要なものというのは、本当にわずかです。元々住んでいた場所に出した転居届けを出して転出届をもらいます。そして弘前市で転入届を市役所にて提出します。これだけで引越しが完了します。
ただしこれは、あくまで書類上だけの話となります。生活する上では、もう少しいろんなものが必要になります。

一番持っておきたいのが、身分証明書。免許証がベストです。引越した直後というのは、いろんなところで身分証明書の提示が必要になりますから、入居時から忘れずに持参しておきましょう。住所変更も忘れずに。
また、タブレットなどがあれば便利です。これがあれば近場のお店の場所などがわかるため、足りないものがあってもすぐに買いに行くことができます。