不動産コラム

お引越しのチェックポイント

転勤などによる移動で、引越しを考えている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、スムーズに引越しをするための段取り、そして役立つ知識をご紹介。

引越し当日までの準備期間

しっかりとした計画が、引越しをスムーズに運びます。

①引越しが決まったら
 引越しが決まったら、現住居の貸主または契約した不動産業者に、その旨を早めに連絡しましょう。契約内容によって異なりますが、1ヶ月前の連絡が目安となります。

②引越し2週間前
 引越しの2週間前くらいには、電気・ガス・水道などの精算をします。余裕があれば、引越し先の電気・ガスなどの事業所に、新しくしようする日時を連絡しておくと、引っ越してからすぐに使用できます。

③引越し1週間前
 この時期には、転出届・国民健康保険等の手続きを済ませます。また、壊れたテレビ・冷蔵庫といった粗大ごみもだしておきましょう。
そして引越し業者を頼む場合、手配するのもこの時期が最適です。引越し業者のご紹介もできますのでお気軽にご相談ください。

④引越し3日前~前日
 引越し3日前くらいには、現住所の所轄郵便局に、転送届けを出します。そして荷造りもこの辺から始めるのがベターです。
直前まで使う物を残し、すぐに使わない物や細かい物を整理・荷造りしておきましょう。

荷造りのワンポイントアドバイス

【すぐに使うものは、ひとまとめに】
食器類や洗面用具などは、引越し後もすぐに使う物。こうしたものは、ひとつにまとめて印をつけておくと、入居時に困ることもありません。

【タンス・書棚等の処理】
タンスや書棚といった、引き出しのついた家具は、中身を取り出して引き出しをテープで止めておくと安全です。また、本体を古毛布などで包んでおくと、家具を傷つけることもありません。

引越しサービスを上手に活用しよう

自家用車では、荷物の積載にも限界があり、引越しに不便が生じるときもあります。そんな時は便利な引越しサービスがおすすめです。
いろんな引越しサービスがあるので、それぞれの会社から見積を取ってもらい、お得に引越しをしましょう。